キャッシングの返済方法

1. キャッシングを利用した際の返済方法

キャッシングには、3種類の返済方法があります。
一括払いと分割払い、リボ払いの3種類の返済方法のどれかで借入金を返済することとなります。
この返済方法は、利用する前に自分で選択できる場合やあらかじめ決められている場合があり、それぞれの特徴をよく理解することが大切です。
3種類の返済方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
返済方法によって多くの利息を支払うこととなる場合もあり、最終的な返済総額が大きくなってしまうこともあります。
それぞれのメリットデメリットをよく理解したうえでキャッシングを利用することが大切です。

1-1. 翌月一回払い

以前はキャッシングというと一括払いの借入のことを指していました。
しかし、最近では、分割払いやリボルビング払いなどの借入でもこの言葉が使われるようになっています。
元々、キャッシングと言えば翌月一回払いのことで、この一回払いにもメリットがあります。
一回払いだと、翌月の返済が大変というイメージがありますが、それだけ短期間で返済できるということもあり、利息の支払いが少なくなるというメリットがあります。
お金を借りる時には必ず利息が必要となります。
この利息は金利の高さによって変わるだけでなく、長期間の返済になればなるほど多くの利息を支払うことになります。

1-2. 残高スライド元利均等返済方式

消費者金融の中でもよく知られているプロミスやアイフルでは、残高スライド元利均等返済方式を採用しています。
この残高スライド元利均等返済方式は、残高スライド元利リボルビング方式とも呼ばれます。
この返済方法はリボルビング払いの一種です。
とても長い名前なので意味がよくわからないという人もいますが、言葉を分けて考えれば意外に簡単に理解ができます。
残高スライドというのは、残高によって返済額が変わることを示しています。
元利は、返済額の中に利息も含まれ、毎月の返済額が一定額であるということになります。
定額とは金額を指定していることを示していて、この方式では残高によって返済額が変わり、その返済額の中に利息も含めて支払う方式となります。

3. 利用金額に加えて利息分を追加した金額を返済

一回払いと分割払いとの違いとしては、一回払いは利用した金額に利息分を追加した金額を翌月には支払う方法で、分割払いは利用した金額を分割して、毎月少しずつ支払う方法です。
分割払いで、毎月の支払いが少ない場合には、それだけ長期間お金を借りていることになり、その間利息を払い続けることになります。
通常利息は残高によって決まるので、始めのうちは高い利息を支払い、残高が減れば減るほど利息分が少なくなる計算となります。
一回払いなら一度の利息分を支払うだけで済みますが、分割払いの場合には何度も利息を支払うことになり、返済額の総額は多くなります。

4. あとからでも毎月一定額の支払に変更できる?

クレジットカードなどでは、リボルビング払いや一回払い、ボーナス一括払いなどを選択することが出来ます。
買い物をした時に、一回払いで返済できると思っていても、つい買い物をし過ぎてしまい、一回払いでは返済が難しくなることもあります。
このような時には、支払い方法を変更することにより、楽に返済することが出来ます。
リボルビング払いでは、一定額の支払いとなるので、毎月の返済がとても楽な方法です。
10万円の買い物をした場合でも、翌月10万円一括で支払うのはとても大変なことです。
リボルビング払いを利用すれば、毎月数千円の返済で済ませることも可能です。

4-1. リボ変更サービス

一回払いが大変な時にはリボ払いに変更することで、楽に返済をすることが出来ます。
このリボ払いの変更方法としては、インターネットを利用した方法や、電話によって変更する方法があります。
パソコンなどを利用して、サイトで変更する方法なら自宅で気軽に変更することが出来ます。
それぞれの金融機関によってWEBサービスを提供していて、会社によっては暗証番号や利用可能枠の変更などもインターネットで行えるところもあります。
インターネットを利用できる環境がない場合でも、電話一本でリボ払いに変更することが出来ます。
パソコン操作が苦手な人や、普段インターネットを利用しないという人にとっては、電話での変更が確実です。

4. あとからでも毎月一定額の支払に変更できる?

クレジットカードなどでは、リボルビング払いや一回払い、ボーナス一括払いなどを選択することが出来ます。
買い物をした時に、一回払いで返済できると思っていても、つい買い物をし過ぎてしまい、一回払いでは返済が難しくなることもあります。
このような時には、支払い方法を変更することにより、楽に返済することが出来ます。
リボルビング払いでは、一定額の支払いとなるので、毎月の返済がとても楽な方法です。
10万円の買い物をした場合でも、翌月10万円一括で支払うのはとても大変なことです。
リボルビング払いを利用すれば、毎月数千円の返済で済ませることも可能です。

 

4-1. リボ変更サービス

一回払いが大変な時にはリボ払いに変更することで、楽に返済をすることが出来ます。
このリボ払いの変更方法としては、インターネットを利用した方法や、電話によって変更する方法があります。
パソコンなどを利用して、サイトで変更する方法なら自宅で気軽に変更することが出来ます。
それぞれの金融機関によってWEBサービスを提供していて、会社によっては暗証番号や利用可能枠の変更などもインターネットで行えるところもあります。
インターネットを利用できる環境がない場合でも、電話一本でリボ払いに変更することが出来ます。
パソコン操作が苦手な人や、普段インターネットを利用しないという人にとっては、電話での変更が確実です。

5. 一括払いのメリットとデメリット

キャッシングを利用する場合には、出来るだけ早く返済する方が様々なメリットがあります。
まず挙げられるのが精神的な安定です。
借入が多くなればなるほど、毎月の返済が大変になり、精神的にも追い込まれてしまいます。
出来るだけ早く完済することにより、精神的な安定が期待できます。
また、利息でも大きなメリットがあります。
借りている期間が短くなるほど利息は安くなり、返済総額も低く抑えることが出来ます。
ただ、返済期間が短いほど毎月の返済が大変というデメリットもあります。
キャッシングを利用する場合には、自分の今の生活も考えながら、お得な返済方法を選ぶことが大切です。

 

5-1. 利息を抑えられてお得

利息の計算は、残高×金利÷365日×返済日数によって求めることが出来ます。
10万円を18%の金利で借りて30日で返済する場合の利息としては、10万円×18%÷365日×30日=1,479円となります。
一括払いで10万を返済する場合には、1,479円の利息だけで済むこととなります。
しかし、分割払いの場合は、初回の利息が1,479円となり、毎月一万円を返済する場合には、翌月には9万円×18%÷365日×30日=1,331円の利息が必要で、翌々月は残高が8万円となり、8万円分の利息を支払うことになります。
このように、一括払いが分割払いなどと比べどれだけのメリットがあるか分かっていただけるのではないでしょうか。

 

5-2. 金額が大きいと一括払いでの返済が困難

一括払いを利用すれば、利息の支払いが少なくてすみます。
ただ、金額が大きいと返済が一括では困難な場合もあります。
この返済が大変なのが一括払いのデメリットです。
どんなに利息が少なくてすむといっても、無理して一括返済をして生活に支障が出れば、またお金を借りるといったことにもなります。
大切なのは計画的なお金の使い方です。
一括返済できるようなお金の借り方をすれば、それだけ利息が少なくてすみ、返済も楽に行うことが出来ます。
自分の収入に合った生活をして、本当に困っている時に、困っている分だけお金を借りることで、便利にキャッシングを利用することが出来ます。