消費者金融と銀行で借りる違い

1. 銀行カードローンの方が審査が難しい

銀行のカードローンの魅力は何といっても低金利なところです。
消費者金融とは比べものにならないほどの低金利を設定しているところもあり、誰でも銀行を利用してお金を借りたいと思うのではないでしょうか。
しかし、少額のお金を借りようとしたときに、多くの人が消費者金融からお金を借りています。
その理由が銀行は審査が厳しいと思われている点が挙げられます。
低金利なのは分かっていても、お金を借りることが出来ないのなら意味がないということもあり、一般的に審査が甘いと言われている消費者金融でお金を借りている人が多くいます。
ただ、審査が厳しいといっても、信用情報機関に記録されている信用情報に金融事故などの記録がなく、安定した収入があるのなら問題なく審査に通ると考えられます。

1-1. 融資する規模が大きい

消費者金融と銀行との違いとして融資額の違いがあります。
消費者金融では300万円〜500万円程度の限度額としているところが多くありますが、銀行のカードローンでは多いところで1,000万円を設定しているところもあり、大きな差があることが分かるのではないでしょうか。
また、銀行は総量規制の対象とはなっていませんが、消費者金融は総量規制の対象となり、年収の3分の1までしかお金を貸すことが出来ません。
ただ、キャッシングやカードローンでそれほど大きなお金を借りないという人にとっては、すぐにお金が借りられる消費者金融の方が便利という人は多くいます。

1-2. 消費者金融より銀行カードローンの方が金利が低い

お金を借りる時に金利をしっかりとチェックする必要があります。
金利が安ければそれだけ完済するまでの総額が少なくてすみます。
利息を出来るだけ払いたくないという人にとっては、まず金利が大切です。
この金利は消費者金融と銀行カードローンを比べれば、圧倒的に銀行カードローンの方が低い設定となっています。
銀行は審査が厳しいと言われていますが、複数の金融業者からお金を借りていたり、過去に延滞や債務整理などをしたことのない人なら、審査に通りやすいと考えられます。
金利を重要視して、お金を借りようと考えた時には、まずは銀行から申し込むことをおすすめします。

2. 消費者金融は柔軟に借入を受けることが出来る

金利だけを見ると、どうしても消費者金融からお金を借りるメリットがないように感じます。
しかし、消費者金融だからこそのメリットもあります。
消費者金融は、銀行と比べ柔軟に借り入れを受け入れてくれると言われています。
例えば、銀行では、借入の申し込みを受ければ必ず在籍確認は行われます。
しかし、消費者金融では、在籍確認をされることが困ることを伝えることにより、別の方法で確認してくれ、在籍確認なしでお金を貸してくれる場合もあります。
このような点を考えると、銀行よりも消費者金融の方がお金を借りやすい会社とも言えるのではないでしょうか。

2-1. 銀行で借りられない人でも借りられる場合がある

消費者金融は銀行とは違い、スピード審査を売りとしています。
この審査が早いということは、それだけ簡易的な審査を行っていると考えることが出来ます。
大手銀行ではスピード審査をしているところもありますが、多くの銀行が審査には多くの時間をかけています。
仕事をして安定した収入があり、信用情報機関の記録に事故情報などが記録されていないのなら、高い確率で審査に通ると考えられるのが消費者金融です。
銀行ほど低金利でお金を借りることは出来ませんが、すぐにお金を借りたいという人にとって、すぐに対応してくれ強い味方になってくれるのが消費者金融です。

2-2. 総量規制により借りられる限度額が制限されている

消費者金融のデメリットとしてよく挙げられるのが総量規制です。
総量規制が適用されている消費者金融では年収の3分の1以上の借入をすることが出来ません。
銀行では、この総量規制の適用外なので、年収の3分の1以上の借入であっても審査に通ることになります。
消費者金融は多くの人が借りやすい金融業者なのですが、この総量規制によって借りられるお金が制限されています。
この総量規制では、1社からの借入が年収の3分の1以下ならいいというわけではなく、貸金業者から借りているお金が対象となるため、合計が年収の3分の1以上になれば、どこの貸金業者からもお金が借りられないことになります。

3. 銀行カードローンは年収の3分の1以上を借りることが可能

銀行のメリットは金利だけでなく、年収の3分の1以上の借入が出来るところが挙げられます。
このメリットは、生活にも大きな影響を与えます。
大きなお金を借りられるような銀行カードローンが利用できれば、車を買う際にでも、新たに借り入れの申請をしなくても、銀行カードローンで車などでも購入できることになります。
大きなお金を借りられる人ほど、設定される金利も低くなり、とても便利な存在となります。
ただ、誰でも多くのお金が利用できるというわけではありません。
その人の年収や他社からの借入額などを考慮して限度額が決められるため、年収の少ない人や他社からの借入が多いという人は、審査に通ったとしても利用できる限度額は低く設定される可能性があります。

4. 双方の特徴を認識し利用することがポイント

お金を借りる時には消費者金融でお金を借りるか、銀行で借りるか迷ってしまいますが、双方の特徴をしっかりと認識することにより、自然と選ぶべき金融業者が見えてきます。
自分にとってどのポイントが一番重要なのかをまず決めることです。
消費者金融も銀行にもそれぞれメリットもあれば、デメリットもあります。
自分がどのメリットを優先するのか、この程度のデメリットなら我慢できるというものを考える必要があります。
ポイントをまとめると、多額の借入をする必要があるのか、金利は低いところを優先するのか、審査スピードを優先するのかなどになります。

 

4-1. 多額の借り入れ・金利・信頼性を重視する場合は?

多額の借入が必要な人や、出来るだけ利息を払いたくない、信頼性が高いところからお金を借りたいという人には、銀行のカードローンを選ぶことをおすすめします。
消費者金融からではまず多額の借入をすることは出来ません。
元々、消費者金融は少額の融資を対象としているため、多額の借り入れなら銀行を選ぶことが大切です。
金利ならいうまでもなく銀行ですし、信頼性という点でも銀行の方が上と考えることが出来ます。
消費者金融だから信頼できないというわけではありませんが、銀行の方が企業として安全な会社と言えます。
お金を借りるなら安心で安全なところからお金を借りたいものです。

 

4-2. 少額の借り入れ・今すぐ借りたい場合場合は?

借りたいお金は数万円程度、すぐにお金が必要という人には消費者金融がおすすめです。
大手銀行でも即日融資が可能というところはありますが、多くの人が3〜4日程度かかっているようです。
その点、消費者金融は実際にその日のうちにお金を借りられたという人が多く、すぐにお金が必要という人には最適です。
このスピード融資を可能となるのも、借りる金額が少額の場合となります。
消費者金融でも、大きなお金を借りようとすれば、スピード審査というわけにはいきません。
そのため、少額のお金をすぐに借りたいという人は消費者金融を選ぶことで、希望に沿ったお金の借り方ができます。