キャッシングとは

1. キャッシングの代表的な借り方や種類について

生活費が少し足りない、欲しいものがあるけどお金が足りないという時に便利なのがキャッシングです。
このキャッシングを利用するには、まずお金を借りる方法を決める必要があります。
キャッシングを利用する方法にはいくつかあり、その種類やメリット、デメリットを事前に知ることにより、自分に合ったお金の借り方をすることが出来ます。
キャッシングの種類としては銀行系カードローンや消費者金融、クレジットカードなどを利用する方法があります。
それぞれに、メリットやデメリットがあり、そのポイントをつかむことがお金を借りるための第一歩となります。

1-1. 消費者金融会社から借りる

キャッシングと聞いて、多くの人がイメージするのが消費者金融です。
プロミスやアコム、モビットなどCMなどでもお馴染みなのが消費者金融です。
このような消費者金融のメリットとしてまず挙げられるのが、借りやすさです。
大手の消費者金融では審査時間も短く、即日融資などのサービスを提供を提供しています。
初めてお金を借りようとする人にとって、申し込みを済ませて審査結果が出るまでの時間がとても長く感じます。
消費者金融を利用することで、その日や翌日には審査結果を知ることが出来るところが消費者金融でお金を借りるうえで大きなメリットとなります。

1-2. クレジットカードを使う

お金を借りる際に最も多くの人が利用していると考えられるのがクレジットカードです。
クレジットカードは買い物の時だけに使えるというものではなく、通常はキャッシング枠がついているので、ちょっとしたお金ならすぐに借りることが出来ます。
消費者金融のように短時間での審査によってカードを発行してくれるものではありませんが、一度作ってしまえば、買い物の時やお金が困った時にも使えるため、とても便利なカードです。
クレジットカードを使う予定がなくても、クレジットカードを一枚持っているととても便利なので、時間に余裕のある人は作ってみてはいかがでしょうか。

1-3. 闇金や街金から借り入れる

お金に困った時に多くの人が利用している金融業者ですが、中には利用していはいけない金融業者があります。
それが闇金です。
闇金とは、法律に沿った形でお金を貸すような金融業者ではなく、通常では違法となるような金利でお金を貸すような金融業者を指します。
誰もが、このような金融業者からお金を借りてはいけないことは分かっています。
しかし、どこからもお金を借りられないという人が最後に利用するのがこの闇金です。
このような闇金を利用しないためにも、お金を借りる際には計画的にお金を使うことが大切です。
闇金以外にも街金という言葉もありますが、街金は闇金とは全くの別物です。
街金は一般的に中小の消費者金融のことを指し、大手の消費者金融よりも金利が安く借りやすい業者もあります。

2. 消費者金融と銀行カードローンの大きな違い3つ

クレジットカードを持っていない人がお金を借りようと考えた時に、多くの人が利用するのが消費者金融や銀行カードローンです。
どちらも、大手なら即日融資なども対応しているところがあり、すぐにお金が必要という時にはとても便利な存在です。
昔は消費者金融と聞くと怖いというイメージを持っていた人もいるようですが、最近では提供しているサービスもしっかりとしていて、銀行と同じような対応でお金を借りることが出来ます。
ただ、この消費者金融と銀行とでは大きな違いがあります。
お金を借りたいと考えた時には、この違いをしっかりと理解してから申し込むことが大切です。

2-1. 総量規制対象か対象外か

消費者金融と銀行との違いに法律の違いがあります。
消費者金融も銀行も、同じ金融業者なのだから同じ法律の下で業務をしていると考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、消費者金融では貸金業法、銀行は銀行法の下で業務をしていて、その法律によって借りられるお金も違ってきます。
貸金業では年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないこととなっています。
これを総量規制と言います。
この総量規制が消費者金融には適用されているので、適用されていない銀行と比べると大きなお金を借りることが出来ないのが違いとして挙げられます。

2-2. 審査通過のしやすさ

一般的に消費者金融と銀行とでは、消費者金融の方が審査に通りやすいと言われています。
消費者金融では少額のお金を借りる場所として利用されることもあり、審査に通りやすいと言われています。
多くの消費者金融が50万円以下の借入なら収入証明なども必要なく、中には在籍確認なしでお金を貸してくれるといった消費者金融もあるくらいです。
銀行では、必ず在籍確認は行われます。
しかし、大手消費者金融の中には、在籍確認なしを謳っている消費者金融もあれば、謳っていなくても在籍確認をされるのは困ることを伝えれば、健康保険証や社員証などで確認をしてくれ、柔軟に対応してくれるのも銀行の違いとして挙げられます。

2-3. 金利の違い

銀行と消費者金融との違いとして、必ず理解しておきたいのが金利です。
金利が低ければ、それだけ完済したときのトータルの支払い額は低くなることから、お金を借りようとする人の多くは、出来るだけ金利の低いところからお金を借りようとします。
銀行と消費者金融ではこの金利に大きな差があります。
一般的に大手の消費者金融では最大の金利を18%程度に設定しているのに対して、銀行では最大金利を14%程度の金利設定となっています。
この金利の差を見て、かなりの差だと感じるのではないでしょうか。
通常、初めて少額のお金を借りようとする場合、最大金利が適用されるため、お金を借りる時にはこの金利のことをよく考えて申し込むことが大切です。