会社への在籍確認徹底調査

1. 会社への在籍確認なしで済む裏ワザ

在籍確認電話


お金を借りることは、できるだけ周りにはバレたくないものです。
その為、「カードローンを利用したい」と思っても、勤務先への在籍確認の電話連絡で同僚などにバレてしまうのではないかと不安になりますよね。
在籍確認はキャッシング業者側からすると、貸したお金の返済能力があるかどうかを見極める大切なステップです。
そのステップ無しでお金を借りる事ができるのは、街金や闇金などの違法な業者だけだと思っていませんか?

実は、テレビCMでもおなじみの大手カードローンでも在籍確認を行わずにお金を借りれる方法があるのです。

1-2. 会社への在籍確認を行ってほしくないとお願いする

申込の際、大抵の場合に担当者との電話のやりとりがあります。(申込内容等の確認の為)
その際に正直に会社への電話連絡を行って欲しくない旨を伝えてみましょう。
そんな単純な方法で大丈夫なの?と思うかもしれませんが、この方法が一番早いです。
そうすると、在籍確認を行わないで済む方法を担当者が教えてくれます。
※業者毎の決まりもあるので、電話連絡を避けられない場合もあります。

担当者から言われた通りに書類などを提出する事で、会社への在籍を証明する事ができ、在籍確認が完了となります。

1-3. 収入証明書・源泉徴収票の提出で在籍を証明する

在籍確認は、勤務先にちゃんと勤めており、ローンを毎月返済できる分の収入があるかどうかが確認できればOKです。
と言うことは、他の方法でそれが証明できれば、わざわざ電話連絡を行わなくても問題ないのです。
会社への在籍を証明するものとしては、給与明細(直近数カ月のもの)、収入証明書、源泉徴収票などがあります。
これらを提出する事により、会社への在籍、定期的な収入の証明を行うことができます。

2. 会社への在籍確認が避けられない場合

キャッシング業者のルールや、上記書類が用意できない場合などは、会社への電話連絡は避けられません。
基本的には在籍確認は必須となりますので、申込の際にはある事を覚悟する必要があります。

電話連絡があった場合に、周りにローン会社からの連絡だと言うことがバレるかどうかですが、バレる可能性は低いので安心して大丈夫です。
カードローン会社も相手側に在籍確認だとバレないよう、工夫しているのです。

2-1. 個人名で電話がかかってくる

業者側も申込者が周りにバレたくないと言うことはわかっています。
その為、電話連絡では会社名は伏せ、個人名でかかってくるので、電話の相手が金融会社の人だという事がバレる事はありません。
電話がかかってきた時の基本的な流れは以下の様になります。

本人不在の場合
審査担当者:「田中と申しますが、○○さんおられますか?」
応対:「○○はただいま席を外しております。」
審査担当者:「わかりました。ではまた改めます。」

※在籍している事がわかれば、本人が直接応対する必要はないので、その後かかってくることはありません。

申込者本人とのやり取り
審査担当者:「田中と申しますが、○○さんおられますか?」
応対:「少々お待ちください。」
〜取次〜
本人:「はい、○○です」
審査担当者:「△△(業者名)の田中と申します。この度はお申し込みありがとうございます。これで在籍確認を完了とさせていただきます。後程審査結果のメールを差し上げます。」

上記は一例ですが、基本的にはこう言った流れです。
相槌は「はい」や「わかりました」など、適当に返事で構いません。

2-2. 在籍確認があった時の言い訳

しかし、普段自分宛に電話がかかってくる事はないと言う方もいると思います。
その際、個人名で急にかかってくると不自然ですよね。また、電話応対した人が気付く可能性もあります。
そんな時の言い訳としておすすめなのがICカード作成やクレジットカード作成時の在籍確認だと言うことです。
後払いのICカードやクレジットカードでも同様の在籍確認が行われる場合があり、それらの場合だと作ることがバレても問題なく、信じてもらいやすいのです。
事前に上記のカードの在籍確認があるかもと言っておくのも、疑われにくい方法です。

▼在籍確認が不安なあなたにおすすめのカードローンはこちら▼

1. プロミス
2. モビット
3. アコム